キッズ脱毛の効果はそこまでない?

 

キッズ脱毛の効果はそこまでない?に関して詳しく説明している画像

 

1.キッズ脱毛をすることのメリット

 

最近では小学生向けの雑誌でも化粧、美容、そして脱毛の特集が組まれるなど、子供たちの間でも美意識が高まっています。また、3歳から脱毛できるエステサロンができたり、肌に優しい脱毛グッズがどんどんできるので、小さなころから脱毛しやすい環境にあると言えます。

 

それだけ子供たちの間にも脱毛が身近になってくると、脱毛していなことで思わぬトラブルが起こったり、子供の成長に影響を及ぼす可能性があります。

 

ここでは小さいころから脱毛をしておくことのメリットをあげていきます。

 

 

1-1.ムダ毛が原因のいじめを受けない

 

 

特に小学校ではムダ毛が原因のいじめが多く起きています。

 

小学生のうちは思ったことを深く考えずに言ったり、人と違っていることに興味を持ちやすい時期です。そのため、他人のムダ毛を見つけてからかったり、悪気がなくても毛深いと言ってしまったりと、いじめを受けたり、言葉に傷ついて悩んだり、その後のコンプレックスになってしまうことがあります。

 

小学生のうちから脱毛しておくことで、いじめにあわないようにしたり、コンプレックスを持たせないようにすることで、子供が楽しく学校生活や友達づきあいをすることができます。

 

ムダ毛が原因のいじめもあるので、小さなうちから脱毛することも必要です!

 

 

1-2.子供の好きなこと、やりたいことができる

 

 

好きな運動、習い事、ファッションをすることができます。

 

ムダ毛に悩んでいる子供は自分の好きなこと、やりたいことをあきらめてしまいます。例えば、スイミングでは水着になることに抵抗があったり、本当はスカートをはきたいのにあきらめたり、自分の行動をいろいろと制限してしまいます。

 

小さなうちからムダ毛があることで好きなことやりたいことをがまんさせてしまうのはかわいそうです。ムダ毛をきちんと処理してえあげることで子供をのびのびと育てることができ、いろいろなことにチャレンジさせてあげられます。

 

ムダ毛を処理して、子供がのびのびと育つようにしましょう!

 

 

1-3.社交的なひとになりやすい

 

 

ムダ毛を気にしていると内向的な性格なりやすくなります。

 

外見を特に気にしたり、人格形成に大きな影響を与えるのが思春期の体験と言われています。そのときにムダ毛があることで悩んでいると、男子に毛深いと思われているんじゃないかと気にしたり、同性とも比べてしまい劣等感を持つと性格が内向的になってしまう場合があります。

 

ムダ毛をきちんと処理することで、自信が持てれば男女関係なく話せたりと、社交的なひとに育ちやすくなります。社交的になれば友達が多かったり、いろいろな考えを持つ人と出会えるので人生経験も豊かになることだってあります。

 

ムダ毛が無くなって自分に自信が持てれば人生をより一層たのしむことができます!

 

 

2.キッズ脱毛をすることでのデメリット

 

小さいうちから脱毛することの必要性は理解できたと思いますが、子供も大人と同じ方法でムダ毛を処理してしまっていいのでしょうか?

 

子供にとって間違った処理をしてしまうと、肌のトラブルが起こりやすかったり、のちのち大人になったときの肌に影響を及ぼしてしまうことがあります。

 

ここでは小さなうちから脱毛することのデメリットをあげていくので、間違った方法でムダ毛を処理していないかなどチェックしていきましょう。

 

 

2-1.自己処理を間違って覚えてしまう恐れがある

 

 

教えた人の処理方法が間違っていても、子供はそのとおりに覚えてしまいます。

 

子供のうちに自己処理するとなるとサロンに通わない限りは母親から処理方法を教えてもらうことがほとんどだと思います。しかし、脱毛の方法を母親が間違って覚えていると、その子供は間違った方法を疑いなく覚えてしまいます。

 

特に子供の肌は大人と違ってやわらかいので、カミソリをあてる強さなど気をつけなければいけないことがたくさんあります。間違った方法を覚えてしまったことで、成長したときに肌が厚くなったり、肌の色がくすんだ状態になったりする場合があります。

 

間違った脱毛方法を覚えてしまうと大人になったときの肌に影響します!

 

 

2-2.肌自体が傷つきやすい

 

 

子供の肌は大人よりも傷つきやすく敏感なので注意してください。

 

さきほどの項目でも少しふれましたが、子供の肌は大人の肌と比べて傷つきやすいので、カミソリの刃は軽く当てたり、処理する間隔を十分にとったり、アフターケアでも低刺激のもの使うなど注意しなければいけないことがたくさんあります。

 

また、処理後の肌は紫外線によるダメージを受けやすいので、屋外の体育や部活で日焼けしてしまい、赤みや腫れが引かない、肌が荒れるなどといったトラブルがおこりやすいこともデメリットといえます。

 

子供の肌は脱毛によって傷つきやすく、部活などでさらに傷つきやすいので注意してください!

 

 

2-3.二次成長期の前では脱毛効果が十分でない

 

 

エステサロンで小さいうちから脱毛しても、脱毛効果が得られないことがあります。

 

小さいうちからエステサロンに通って、大人になったときに自己処理の必要のない肌にしようとしても、2次成長期前ではムダ毛があまり生えていなかったり、色も薄かったりとサロンの光f脱毛の効果が十分に得られないことがあります。

 

そうなってしまうと、大人になったときに再びムダ毛が生えてくるので、自己処理がかかせなかったり、もう一度サロンに通ってまたお金がかかってしまう場合があります。

 

小さいころからサロンで脱毛しても大人になって再びムダ毛が生えてくる場合があります!

 

キッズ脱毛の効果はそこまでない?関連ページ

脱毛は痛くない?
脱毛は痛いのでしょうか?脱毛というと痛いのではないのか?という疑問があると思いますが、本当のところはどうなのか?
脱毛サロンで脱毛をする時に注意する5つのポイント
脱毛をするときに気を付けるポイントはどんなところでしょうか?脱毛をするときにしっかりと確認しておきたいことは?
フラッシュ脱毛が妊娠・生理に与える影響
フラッシュ脱毛が妊娠に与える影響はどうなのでしょうか?妊娠している場合に子供の影響がでないようにしたいのは当たり前ですが、脱毛の子供への影響は?
脱毛器の効果はどうなの?
脱毛器の効果はどの程度あるのでしょうか?脱毛をするときに脱毛器はどの程度の効果を発揮することができるのでしょうか?