脱毛サロンの勧誘の断り方は?

 

脱毛サロンの勧誘の断り方に関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛サロンでの断り方の3つのポイント

 

脱毛サロンというと、気になるのが勧誘です。

 

最近ではネットでの評判がすぐにお店の評価に反映するようになったので、しつこい勧誘は少なくなりましたが、それでも全くなくなったわけではありません。

 

そのため、断り方をあらかじめ用意して、サロンに出向く必要があります。

 

1-1.親の承諾が必要であること

 

 

親の承諾が必要であることに関して詳しく説明している画像

 

 

多くの方が利用しているのが親の承諾が必要なことをいうということです。

 

脱毛の契約するためには親にお金を借りるので親の承諾が必要なので、今すぐには決められないので帰って相談してからまた後日契約をしに来ますと伝えるのが若い方には非常に効果的な方法です。

 

脱毛サロンでは親からお金を借りるというのになかなか強引に契約をするということは
できないので親と相談して後日連絡をするというのがおすすめです。

 

自分のお金で契約しないということを伝えるのがポイントです!

 

 

1-2.他のサロンと比較したいということ

 

 

他のサロンと比較したいに関して詳しく説明している画像

 

 

他のサロンと比較して決めたいというのも効果的な方法です。

 

脱毛サロンは多くの会社があり最初に行った脱毛サロンで契約する必要もないですから、色々なところで体験脱毛をして比較してから決めたいといえば大丈夫です。態度が冷たくなるかもしれないですが(笑)

 

そのくらいで態度が悪くなるような脱毛サロンは契約しても同じような態度で接される可能性もあるので、サロンスタッフがどのような対応をするのかも契約する時の判断基準にするのもとても良い方法です!

 

他の脱毛サロンでも予約をしているので、色々と体験してから、どこが良いかを決めるつもりだと言えばいいのです。今日のところは契約しませんと、きっぱり断りましょう。比較検討するので、1つのサロンだけでは決めない、ということを強く押すことです。

 

他のサロンと比較するというのは少し言うのに度胸がいるかもしれないですね!

 

 

1-3.彼氏、旦那の許可が必要

 

 

彼氏、旦那の許可が必要に関して詳しく説明している画像

 

 

彼氏、旦那の許可が必要というのも効果的な方法です。

 

専業主婦や彼氏と同棲中の時は脱毛は高い金額で契約をしなければいけないので、旦那さんや彼氏に許可をもらわなければ契約をできないのは一般的なので許可が必要だから今は契約はできないというのがいいでしょう。

 

2、3年前までにはこの方法ではなかなか引き下がらない脱毛サロンもあったのですが、今では勧誘自体が脱毛サロンの印象を悪くしているのでこの方法でもしっかりと引き下がるので安心してください。

 

この方法もかなり効果的なので参考にしてください!

 

 

2.脱毛サロンの勧誘の現状

 

脱毛サロンの勧誘の現状に関して詳しく説明している画像

 

2-1.脱毛サロンの勧誘自体は減っている

 

 

脱毛サロンの勧誘自体は少なくなっています。

 

2、3年前までは脱毛サロンの勧誘はひどい所では狭い部屋にスタッフ2人にお客一人という状態で半ば脅迫のような形で勧誘が行われていた時代もあり、脱毛サロンでの勧誘はひどいからどうしたらいいのかわからないという方も実際には多かったんです。

 

しかし、このような勧誘がひどいから対応してくれという苦情が生活センターに多く寄せられるようになった影響から、そのような状態を直せという勧告がある脱毛サロンにされたために脱毛サロンでの勧誘は非常に少なくなりました。

 

そのため、脱毛サロンの勧誘自体はかなり減っています!

 

 

2-2.脱毛サロンで勧誘されない一工夫

 

 

脱毛サロンで勧誘されない一工夫に関して詳しく説明している画像

 

脱毛サロンで勧誘されないための一工夫があります。

 

脱毛サロンでは初めて行った場合にカウンセリングシートを書きます。
その時の職業欄にある工夫をしておきます。

 

・専業主婦
・無職
・学生

 

この属性は自分でお金を出すのではなく、その場で契約しないで家に帰って相談して契約を検討する傾向があるので勧誘しても契約しない可能性が高いので勧誘があってもしつこくならないことが多いんです。

 

そのため、この一工夫で勧誘は少なくなるのでやってみてください!