フラッシュ脱毛が妊娠・生理に与える影響

 

妊娠中にエステサロンで脱毛できないのはなんで?に関して詳しく説明している画像

 

1.妊娠中にエステサロンで脱毛できないのはなんで?

 

サロンでカウンセリングを受けたり、契約書で『妊娠』という言葉が出てきます。妊娠中はお腹が大きくなったり、食欲がなくなったりとさまざまな変化があらわれます。体調の変化が起こりやすいのでなんとなくは『サロンでの脱毛は控えたほがいいのかな?』と思っていると思いますが、実際はどうなんでしょうか?

 

ここでは妊娠中はサロンでの脱毛ができない理由など、妊娠と脱毛の関係についてお話していきます。

 

 

1-1.妊娠中にサロンで脱毛できない理由

 

 

ホルモンバランスが崩れていることが原因です。

 

ホルモンバランスが崩れていると、肌が乾燥したり、肌が敏感になっているのでサロンでの脱毛には適していません。妊娠初期など、妊娠に気づかないでサロンのフラッシュ脱毛をしてしまうと、肌が赤くなったり、荒れたりといった『肌トラブル』が通常時よりおこりやすくなってしまいます。

 

また、その場合お腹の中の胎児への影響が心配になると思いますが、フラッシュ脱毛の光は皮膚までしか届かないので胎児に影響を与えたり、早産になるなどといったことはないとされています。

 

妊娠中は肌トラブルが起こりやすいのでフラッシュ脱毛はできません!

 

 

1-2.いつから再開できるの?

 

 

生理が戻ってきたら再開できます。

 

出産後、再び妊娠できるようになる目安を産科では『再び生理がきたら』というように、生理によって判断することがあります。脱毛もこの考えと同じで、生理が戻って、生理の期間が安定したらなどを脱毛再開の判断材料にしているサロンがほとんどです。

 

ただし、再開のタイミングはサロンによっても違いますし、本人の体調にもよるので、カウンセリングなどでしっかりサロンスタッフと相談してから再開するようにしましょう。

 

生理が戻ってきたら脱毛再開の目安ですが、自分の体調などをよく考えてから再開しましょう!

 

 

1-3.脱毛再開の注意点

 

 

生理が戻ってきても脱毛を再開できない部位があります。

 

生理が戻ってきたからといってもいきなり全ての部位の脱毛が再開できるわけではありません。『乳輪まわり』、『胸』、『両脇』などはサロンによってすぐには脱毛してもれえない場合があるので注意してください。

 

その理由は、先ほどあげた3つの部位は全て母乳を作ったり、赤ちゃんが母乳を飲むときに口にする部位だからです。もちろん授乳が終わったら脱毛を再開できますので安心してくださいね。

 

生理が戻って脱毛が再開できても母乳が出る胸などはすぐに脱毛できません!

 

 

1-4.妊娠中でもできる脱毛方法

 

 

肌に負担のかからない自己処理の方法を選びましょう。

 

脱毛サロンに通えない妊娠中は自己処理に頼るしかありませんが、この時にも注意が必要です。さきほどのとおり妊娠中はホルモンの関係で肌が妊娠前より敏感になっているので、自己処理の頻度を少なくしたり、刺激の強い脱毛ワックスなどは使わないようにしましょう。

 

また、妊娠中は一時的にムダ毛の量が増えたり、ムダ毛が太くなったりする人もいますが、そういった場合でも必要以上に自己処理をおこなうのは良くありません。妊娠中に自己処理のしすぎで肌トラブルをかかえてしまうと、サロンで脱毛を再開しても仕上がりなどに悪影響が出てしまう場合があります。

 

妊娠中の自己処理は肌への負担をよく考えておこないましょう!

 

 

2.生理中だとエステサロンで脱毛できないの?

 

生理中だとエステサロンで脱毛できないの?に関して詳しく説明している画像

 

妊娠の場合はサロンで脱毛することはできませんでしたが、生理の場合はどうなのでしょうか?生理のときも通常のときとは体調が違うので、サロンでの脱毛にはいろいろな制限がかかってきてしまいます。

 

ここでは生理のときに脱毛したらどうなのかや、生理のときのサロンの対応について詳しく見ていきます。

 

 

2-1.生理中にサロンで脱毛したらどうなるの?

 

 

ホルモンバランスが崩れているので肌トラブルが起こりやすくなります。

 

妊娠中と同じように、ホルモンバランスが崩れているときは肌の調子が悪いので、生理中にサロンで脱毛すると肌が赤くなったり、荒れたりといった肌トラブルがおこりやすくなってしまいます。

 

ただし、サロンによっては生理中であってもVIO以外の部位なら脱毛してもらえるところがあります。しかし、そうだからと言って自分の体調を無視して脱毛をしてしまうと上で書いたようなトラブルが起こる場合があるので、生理中はサロンでの脱毛をやめておくか、施術前にスタッフの人とよく相談してから施術してもらうようにしましょう。

 

生理のときでもサロンで脱毛できますが、肌トラブルには注意しましょう!

 

 

2-2.生理中でも脱毛可能なサロンは?

 

 

VIO以外なら脱毛可能なサロンがたくさんあります。

 

さきほど説明したとおり、生理中であってもVIO以外の部位なら脱毛してもらえるサロンがありますので紹介すると、

 

生理中でも脱毛してもらえるか?

生理中でも脱毛できる部位

キレイモ

VIO以外の部位

ミュゼ

VIO以外の部位

エタラビ

VIO以外の部位

銀座カラー

VIO以外の部位

シースリー

VIO以外の部位

脱毛ラボ

×

全ての部位が脱毛できない

 

脱毛ラボ以外のならVIO以外の部位なら生理中でも脱毛してもらえます。

 

特に年齢が若い人ほど生理の周期が不安定だったり、生理の周期が安定している人でも仕事のストレスなどで生理がくるタイミングが早くなったり、遅くなったりと、生理のタイミングを予想して予約を取っても上手くいかない場合があることを考えてサロンを選ぶことも重要です。

 

生理のときのでも脱毛してもらえればキャンセルの心配がありません!

フラッシュ脱毛が妊娠・生理に与える影響関連ページ

脱毛は痛くない?
脱毛は痛いのでしょうか?脱毛というと痛いのではないのか?という疑問があると思いますが、本当のところはどうなのか?
キッズ脱毛の効果はそこまでない?
キッズ脱毛は大人の脱毛ほど効果はないのでしょうか?最近では多くの子供の間でキッズ脱毛が流行っているようですがその効果は?
脱毛サロンで脱毛をする時に注意する5つのポイント
脱毛をするときに気を付けるポイントはどんなところでしょうか?脱毛をするときにしっかりと確認しておきたいことは?
脱毛器の効果はどうなの?
脱毛器の効果はどの程度あるのでしょうか?脱毛をするときに脱毛器はどの程度の効果を発揮することができるのでしょうか?